2019年8月10日土曜日

手羽先


飲食店開店ウォッチング。

凄い数の花輪にびっくり仰天、超満員で入れない客も溢れている。

「奇跡の手羽先 サラリーマン横丁」という大分発祥の飲食店のオープン。
平成26年創業で、福岡・熊本・鹿児島と、年内50店舗を目指している。

一般大衆に優しい価格とメニューがウリ、地方都市ではこの手の勢いのある店の多店舗展開(直営FC含む)の流れは止めようがないのか。(飲んでません)


2019年8月9日金曜日

車はどの箱に?


ファーマータナカの今日も朝から頭の体操。

昨日は数少ない誕生日メッセージありがとうございました。

せめて少しでも脳細胞の劣化を遅らせたいと無駄な抵抗を試みておりますが、脳神経が引きつる今日この頃です。
皆様におかれましては、如何でしょうか。
今後とも適当にあしらって下さるようお願い申し上げます。


<正解>
私と同様引きつる方以外は、後で見て下さい。

車が1に入っていた場合、1と2の説明はどちらも正しくなる、したがって1ではない。
車が3に入っていた場合、2と3の説明はどちらも正しくなる、したがって2ではない。
車が2に入っていた場合、正しい説明は3だけで、したがって2が正解。

つまみ菜


博多駅界隈で友人達と楽しくつまんでいるのはよいが、メンバーにN氏がいる場合、暦が変わる前までの帰宅可能性は、著しく低下すると予想される。
(当の本人はもちろんホテルをリザーブされている)


2019年8月7日水曜日

主戦場


見るなら無料映画、せいぜいTSUTAYAレンタル旧作DVDかプライムビデオ、極稀になけなしで有料ハリウッド映画、とお思いだろうが、極極稀にそれら以外だって見る。



日本人の多くがもう蒸し返して欲しくないと感じている慰安婦問題の、あえて火中の栗を拾いに行ったともいうべき、ドキュメンタリー。

思想的にも対立する主張の数々を小気味よく対比反証させ合いながら仕上げていく手法で、20万人とも言われる慰安婦の人数に根拠はあるのか、強制連行と言える実態はあったのか、慰安婦を性奴隷と呼ぶのは現実にそぐうのか、といった論点について、対立する双方の意見を丹念に対比させていく。

 論的には勝負ありというより、真実ここにありといった感。

ただ、インタビューを受けた右派の方々は、いつもの発言は間違いなくしているのだが、最初から歴史修正主義者との構成に、騙されたと主張している。

【 映画『主戦場』予告編 】





2019年8月6日火曜日

爆発


街角ウォッチング。

ドーム10杯分45万人をピストン輸送する西鉄臨時バス。

女性の浴衣姿の鮮やかな色と、青春の色香が弾け返るのは、久留米ではとても珍しく、頭の中で18,000発の花火が爆発💣して、オッチャンは単純に嬉しい。


2019年8月5日月曜日

タピオカ


屋台ウォッチング。

「第48回久留米水の祭典」では、タピオカ販売の屋台が何店もあったし、既存店でもこぞってテイクアウト等している。

そろそろピークアウトか?




2019年8月4日日曜日

路上ライブ


街角ウォッチング。

随分昔アメリカのとある片田舎で、無名っぽいバンド(その時はFolkyなサウンドだった)の自然体な路上ライブに遭遇して凄く高揚もしたが、幸せな気分に包まれた事を思い出した。

日本でも、街角で普通にライブやパフォーマンスに出くわすようになったのは、すこぶる心地良い。