2021年1月20日水曜日

テイクアウト

 ファーマータナカの今日のテイクアウト。

週一の外食(だけ)を楽しみにしている母が、チャンポを食べたいというので連れて行ってみると、滅茶混雑。

超高齢、超基礎疾患有りなので、この時期いよいよまずいかと、初めてテイクアウトにしてみた。
やはり麺がのびるのが心配だったが、リンガーハットは、随分企業努力はしていた。
①麺と餡・スープをセパレートした容器(別途料金必要)
②通常の麺より太くのびにくい麺を使用
③麺の固さを約1.5倍にしており、もちもちとした食感が長持ち

待ち時間20分、待たせるのも可哀そうだと一旦家まで送り、又取りに行ってあげた。
それでも、「やっぱ店内で食べないと…。」とブツブツ、文句一つ言わない俺は優しい。


スタバ

 ファーマータナカの今日の coffee。

スタバって、偏見だったら失礼だが、フラペチーノに代表される coffee 以外の甘いイメージ、お高いイメージ、お洒落な空間の裏にある資本の論理…。

グアテマラの coffee は、スタバや日本が殆ど買い占めていて、現地の人は美味しい coffee は飲めないっていう話もある。
言ってることとやってることが違うじゃないかと言われそうだが、外で呑み喰いがしずらい雰囲気の中、せめて coffee で旅に出るの第2弾。

因みに「アンティグア」は、antigua = 古いに由来、「カシシエロ」はスペイン語で、casi= ほとんど・ほぼ、cielo = 楽園・極楽だそうで、こりぁあ Almost Heaven!(ほとんど天国)気分だ。


2021年1月18日月曜日

マスク

 ファーマータナカの今日のマスク。

緊急事態宣言が出て、TV をはじめコロナ関連の話題ばかりだが、巷では「マスク警察」も出現とか。
このへんのところは如何?

広がる「不織布マスク着用のお願い」飛沫カット機能高く配布する店も 布やウレタンのマスクはどんな時に使う?


 

2021年1月17日日曜日

人の流れ

 ファーマータナカは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言による人の流れの推移について、ソフトバンク子会社とNTTドコモのスマートフォンの位置情報をもとにしない目視でビッグデータを分析し、緊急事態宣言の出ている久留米市一番街周辺のデータを公開した。

それによると、発出前の先週末と比較して、ドブネズミ一匹見当たらず、人の流れは99.99%減少するどころか、ファーマータナカの財布の金の流れが、再起不能を示す7つの指標を全て上回ってはいるが、地元経済に計り知れない大打撃は微塵も起こさない事が判明した。


2021年1月16日土曜日

ネットスラング

 JK や JC でにやけている場合ではない。
「(笑)・ワロタ・藁・ww・草」と、笑い方にも年齢が出るという。

アラサー&アラフォーでも悩む若者言葉やネットスラング、既にオヤジ認定済みの我々にはハードル高すぎだが、自粛中の研究課題のひとつとした。

これでも前の方は初級編です。

ぴえん……悲しい時に使う言葉の進化系。
きゅんです……プラスの感情を広く表現する言葉。
推し(おし)……複数のグループの中で、自分が推薦する対象=ごひいきの対象を表す言葉。
エゴサ……「エゴサーチ=自分の名前やハンドルネームを検索ワードに入れ、評価などを確認する行為」。
秒で(びょうで)……すぐに。
詰んだ……オタク系のネットスラングから来た言葉で、将棋やチェスの勝敗が決する際の「詰み」に由来し、「ゆきづまった」「解決策が無い」状態を意味する。
無理ゲー(むりげー)……「クリアすることが大変難しい(無理な)ゲーム」から点じて、「達成の可能性が薄い」「できない」という意味で使われる。
イケボ……「イケメンボイス」「イケてるボイス」の略で「かっこいい声」のこと。「イケボ声優」のように使われる
とりま……「とりあえず、まあ」の略。
好きピ……「好きなピープル=好きな人」。
メンブレ……「メンタルブレイク」の略語。「つらい」を意味する。
イチキタ……「一時帰宅」。
ガンダ……「ガンガンダッシュ=ものすごい勢いで走る」。
なうしか……「NOWしかない=今しかない」。
フロリダ……SNSチャットなどを「風呂に入るので離脱する」。
いぇあ……「YEAH!」。テンションが上がった状態を表す掛け声。
り……ラインの返信などに多用される短縮語で「了解」。もとは「りょ」だったが、最近更に短縮され「り」1文字に。
ま?……「マジ?」。

【「ガンダ」「KS」……?アラサー&アラフォーを悩ませる、若者言葉やネットスラングを解説!



2021年1月15日金曜日

加湿器

 ファーマータナカの今日の Goods。

コードレスで使える「ピラー型USB充電式ミニ加湿器 URUPILLAR DLJSQ19038-2」。

一般的に多くのウイルスは、低温・乾燥した状態だと、感染力が高まるとされる。
理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」を使ったシミュレーションでは、オフィス内で、1.8m の間隔で2人が向かい合って座っている際に、一方が咳をした場合、湿度が30%のときには飛沫全体の6%近くが対面する人に到達したが、湿度60%と90%のときは到達が2%前後(1/3)に抑えられたという。
一方で、高湿度の環境ではエアロゾルが減る分、机などに落ちる飛沫が増え、落ちた場所を通した接触感染リスクは高まる。
(たぶん不運な私はこうなる公算が高いかも)

2,000円程度で自分だけ助かりたい気持ちなど毛頭もなく、高齢者が感染して逼迫した医療現場にご迷惑をかけないための社会的使命による行動であることを、ご理解いただけますと幸いです。
(ていうか、単にオモチャっぽいのが好き)


2021年1月14日木曜日

 ファーマータナカの今日の新迷言盗作シリーズ。

これまで多くの名言格言の発掘調査研究に時間を徒労、FB友達にも広く流布に努めてきた。
しかし、その多くは成程理に適ってはいるが、凡人には崇高過ぎて敷居が高い。
コロナで新しい生活様式や発想が求められる時代にマッチするように、ここに新迷言盗作シリーズを流伝するものである。
五里霧中、せめて第2回までは続けたいと思う。

【 元の名言 】
There is no key to happiness; the door is always open.
(幸せへのカギはない。ドアはいつも開いている)
~ by Mother Teresa

【 新迷言 】
There is no key to heaven; my bottle is always empty.
(飲み過ぎても碌(ろく)なことはない)

(画像は福岡市西区西浦 SURF SIDE CAFE にて 2018/9/22)