2020年7月2日木曜日

願い事


ファーマータナカの今日の短冊。

「叶えたい夢が持てる世界でありますように」

天の川、織姫、彦星(牽牛)、輝く星と煌めく物語、もうすぐ七夕だ。
(本来の旧暦では2020年は8月25日、画像はPinterestより)



2020年7月1日水曜日

パンク


ゆめタウンの駐輪場から出るとすぐ、パーンというもの凄い破裂音!
パンクだ。

悟りの境地というわけではないが、今日は何て日だ、という心境でもない。
BIKEに乗っていると、数年に1回位は、ありがちな事だ。
確か前回は筑後川サイクリングロード走行中で結構な距離歩いたし、今回街乗りで遠出していなかったのはラッキーだ。
それに、数日前にサイクルコンピュータ(メーター)を盗まれていたし、ブレーキシューも擦り減っていたし、タイヤも劣化してきていたので、そろそろショップへ行かねばというタイミングだった。
テクテク歩くのも良し、 で SPORTS DEPO へ。

給付金での買換えが頭を過ぎらないでもなかったが、も少し GIANT とお付き合いしよう。



2020年6月30日火曜日

ジョーク


ファーマータナカの My Favorite Songs
「I Was Only Joking / ただのジョークさ(Rod Stewart )1978」
長雨のなか、ジョーク紛いの人生を、ちょっぴりセンチメンタルに振り返る…。

I was only jokin' my dear
Lookin' for a way to hide my fear
What kind of fool was I
I could never win

俺はふざけていただけなんだ
怖がり屋の心を隠そうとしてたんだ
なんて馬鹿なヤツなんだろうね
そんなことしたってダメなのに…
(和訳:洋楽和訳 Neverending Musicより)



  学校に通っていたガキの頃から
規則をすっかり破ってきたのさ
そのときは謝ったりするけど
結局反省の色なんてないんだよ

俺と仲間達はみんな
ヴァレンティノ気取り
“その格好はおかしいだろ!”
そう親父にも言われたよ
でも実を言えば…失恋もしたのさ

仕事に就いたり辞めたり 自由気ままで
世間の目との戦いさ
黙ったうつろな表情の奴らに
じっと見られてたけど何も変わりゃしない

夜に愛し合う熱気のなかで約束を交わし
明るくなる前にこっそり家に帰る
貴重な時間を無駄にしてたよ
ワインのせいにしたりしながら

俺はふざけていただけなんだ
怖がり屋の心を隠そうとしてたんだ
なんて馬鹿なヤツなんだろうね
そんなことしたってダメなのに…

妥協するのも嫌だったから
蝶々の収集のように綺麗な恋人を集めてた
最優秀賞を獲ったかのような幻想は
だんだんとほころび始めたんだ

スージーお前は俺に良くしてくれた
自己犠牲も厭わず愛してくれた
でもあまりにも真面目すぎたから
俺たち終わりにするしかなかったんだ

俺はただおふざけで
若い時を過ごしてきたんだ
怖がり屋の心を隠そうとしてた
どんだけ馬鹿野郎なんだろうね
俺はやっぱり負け犬なんだな
…ベイビー

そして今 お前は俺が誠実かを尋ねてくる
これこそいつも恐れていた質問なんだ
歌詞の7番はまだはっきりとしてないけど
お前が聞きたいなら話すよ

お前が望むものはすべて捧げてきた
でも与える愛は俺は得意じゃないんだ
この意味のないことを続けるんだったら
独りでいるほうがむしろマシだよ

だって俺のすることときたら
間違いに決まってるさ
心を込めて歌を歌うしかないんだ
白状すればそれも成功するためなんだ
それを見てるクソッタレの世界にね

台本のページが今 静かにめくられる
衣装替えもなく第一幕は終了
主役は舞台を降りたがってるけど
聴衆はそんなことわからないんだよな…

Ever since I was a kid at school
I messed around with all the rules
Apologized then realized
I'm not different after all

Me and the boys thought
we had it sussed Valentinos all of us
My dad said, "We looked ridiculous"
But boy we broke some hearts

In and out of jobs, runnin' free
Waging war with society
Dumb blank faces stare back at me
But nothing ever changed

Promises made in the heat of the night
Creepin' home before it got too light
I wasted all that precious time
And blamed it on the wine

I was only jokin' my dear
Lookin' for a way to hide my fear
What kind of fool was I
I could never win

Never found a compromise
Collected lovers like butterflies
Illusions of that grand first prize
are slowly wearing thin

Susy baby you were good to me
Giving love unselfishly
But you took it all too seriously
I guess it had to end

I was only jokin' my dear
Lookin' for a way to hide my fear
What kind of fool was I
I could never win, yeah baby

Now you ask me if I'm sincere
That's the question that I always fear
Verse seven is never clear
But I'll tell you what you want to hear

I try to give you all you want
But givin' love is not my strongest point
If that's the case it's pointless goin' on
I'd rather be alone

'Cause what I'm doin' must be wrong
Pourin' my heart out in a song
Owning up for prosperity
For the whole damn world to see

Quietly now while I turn a page
Act one is over without costume change
The principal would like to leave the stage
The crowd don't understand


この曲を知ったのは実はコチラが先だった。
「僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた
すべては色あせてゆく… 」
意訳がとても素敵だ。
1987/ covered by GAO


君と出会ったときは 寒い冬の入り口
ずっと一緒にいるだろうって すぐにわかったよ

とても不思議なことが 何カ月も続いた
すべてが輝いて見えた すべてに愛を感じて

昼も夜も朝も 君を愛し続けた
二人が出会うまえの時を 取り戻すかのように

思うままに世界が 回るようにも思えたけど
季節がいくつかすぎて すべてに慣れてしまった

僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた
すべては色あせてゆく… 愛をなくすとき

気づいたとき僕は 普通の人に戻ってた
多くの友だちを呼んで 毎晩バカ騒ぎして過ごしてた

二人になるとなぜか 無口な夜になったね
君は僕の喜びが 幸せだとただ笑うだけ

僕らは輝いていた 奇跡さえ信じていた
すべては色あせてゆく… 愛をなくすとき

二人で過ごす日々は ゆっくりと過ぎてゆく
愛の魔法はいつか 閉じこめられてしまった

今日も風が吹いている 花びらが街に舞う
君を車に乗せて 短い旅に出よう

新しい風景が 二人の目に映る
とても自然に僕は 自分のことを話してた

僕の喜びが 君にも伝わるように
君の静かな愛が 今僕にもわかった

2020年6月29日月曜日

荒梅雨


荒梅雨の水をいっぱいに含んだミントが、爽やかな香りを放っている。
よく見ると先端に花芽を付けている。
時間(とき)は確実に流れている。
一匹のクロバエのオレンジ色の複眼が、出くわした異端者を凝視している。
グロテスクなそれが、そこにいるのはふさわしくないと思うのは、人間様の勝手だ。

予報では、昼過ぎから又雨になる。



2020年6月28日日曜日

酒豪女性


ファーマータナカの今日のランキング。

「意外と酒豪で驚いた女性有名人ランキングベスト60」(gooランキングより)

貴方の今日のお相手に特別に3人選んでいいです、妄想は勝手ですただしお里が知れる可能性があります。
拙者は、今日は永作博美・安田美沙子・藤田ニコルでお願いします(明日は変えたい)。

1位橋本環奈
2位新垣結衣
3位有村架純
4位土屋太鳳
5位北川景子
6位深田恭子
7位石原さとみ
8位佐々木希
9位上戸彩
10位高畑充希
11位ローラ
12位倉科カナ
13位水卜麻美
13位美山加恋
15位藤田ニコル
16位長澤まさみ
16位トリンドル玲奈
18位柴咲コウ
19位滝川クリステル
19位葵わかな
21位小島瑠璃子
22位大島優子
22位高島彩
22位黒木華
25位永作博美
26位柏木由紀
26位安めぐみ
26位吉高由里子
29位夏菜
30位宇多田ヒカル
30位戸田恵梨香
30位広末涼子
33位加藤綾子
34位吉田羊
34位宇賀なつみ
36位栗山千明
36位観月ありさ
38位浜崎あゆみ
39位小泉今日子
39位桑子真帆
41位土屋アンナ
41位馬場ふみか
43位宮沢りえ
43位眞鍋かをり
45位安田美沙子
45位尾野真千子
47位島崎和歌子
47位夏川結衣
47位赤江珠緒
50位あびる優
50位高橋真麻
50位磯山さやか
50位後藤久美子
50位須黒清華
50位中村静香
56位中村ゆり
57位奈緒
58位矢口真里
58位工藤綾乃
60位今野杏南





2020年6月27日土曜日

逆反り


売れない自己満足親父バンド鮮烈再デビューに向けて、いつでも練習出来るようにと、友人宅に作った豪華スタジオに、楽器は常備している。

ところが、どうでもいいメンバーの一人のT氏が東京在住で某商社に勤めていて、いい歳こいてきっと周りは大迷惑しているだろうに、今年もまだ退社しないと連絡があり、練習がままならない。

やむなく安物ギター一台を自宅に持ち帰ってみると、ネックが逆ぞりを起こしていて、ローポジションで音割れが酷い。

元来不器用で機械音痴のため、これまでの人生に於いて、よせばいいのに修理と称して、例えばボルトのネジ山をなめるとかは日常茶飯事で、数多の農機具とかBIKEとか家電とかの命を縮めて、ゴミの山を築いてきた。

今回も、ロットをどちらに回せば直るのか皆目見当がつかないまま、ままよと反時計回りに回してみたら、珍しく直ったという、単なる屁みたいな話なのである。



2020年6月26日金曜日

AMABOY AMAGIRL


ファーマータナカの新規オープン情報。

「AMABOY AMAGIRL 」
個人的には、お洒落で🕶可愛い😍立ち飲みBAR🍻を密かに期待していたが、アイスクリーム🍨&ワッフル🧇専門店だった。

白が基調のデザイン、インスタ映えしそうなロゴやメニューから、以前行列ができていたタピオカ専門店TORAKANEKOと同様な、久留米らしからぬコンセプトが匂う。
飲食業をかじった端くれとしては、どこのどんな人が仕掛けでいるのかが気になる。

メニューにはビール🍺カクテル🍸サワー🍹ワイン🍷もあるらしいので、ほとぼりが冷めたらちょっとのぞきたい。